タテハチョウ・テングチョウ
蝶の第3弾はタテハチョウの仲間と、日本には1種しかいないテングチョウの写真です。
蝶に詳しくなかった時には、タテハチョウの仲間は蛾だと思っていたほど地味です(^_^;
テングチョウは夏場になると異常発生することもあり、
群れに突っ込むと恐ろしい光景も見たことがあります。

・キタテハ
比較的、身近で見られるタテハチョウです。
野原などでは一番よく見かけるかもしれません。
c0135381_2234114.jpg





c0135381_22341248.jpg


・アカタテハ
アカ(タテハ)という名前でもオレンジ色の蝶です。
下に掲載しているヒメアカタテハに似ていますけれど、
後翅に模様が無い点から容易に区別できます。
若干、こちらの方が色が濃いめです。
c0135381_22353468.jpg

c0135381_22354880.jpg


・ヒメアカタテハ
かなり広範囲に分布している蝶です。
世界中にかなり散らばっており、実際アメリカでも見かけたことがあります。
これほど広範囲にいるとはかなり環境適応性があるのかなと思っています。
c0135381_22381838.jpg

c0135381_22382781.jpg

c0135381_22383366.jpg


・ルリタテハ
散発的に遭遇する蝶です。
タテハチョウの仲間にしては綺麗な色合いをしています。
経験上、よく人工物などに止まることがあります。
なのでもうちょっと絵になるところに止まってくれと思うことがしばしば(^_^;
c0135381_22422969.jpg

c0135381_22424044.jpg


・テングチョウ
今年になって一番よく見かけている蝶です。
山の方に行けばほぼ確実に出会うことが出来ます。
この蝶に限っては見かけてもあまり撮影しないかもしれません(^_^;
c0135381_22441624.jpg

c0135381_22443582.jpg

c0135381_22444714.jpg

c0135381_2245165.jpg

ヒメアカタテハの初登場で今年14種類となりました。
by squirrelFG | 2008-04-03 22:46 |
<< 最近の国分寺 シロチョウ >>