シロチョウ
前回のシジミチョウに続き、今回はシロチョウの仲間の写真です。
成虫越冬するキチョウ、ツマグロキチョウ、スジボソヤマキチョウを除いて、
残りが今年になって発生した個体です。

・キチョウ
c0135381_21232180.jpg





c0135381_2123424.jpg

c0135381_23323648.jpg

c0135381_21241646.jpg


・ツマグロキチョウ
岡山県では留意種、日本では絶滅危惧種II類の蝶。
とは言え、いるところではたくさん見受けられます。
成虫越冬するために今の時期に見られるのは夏型でなく、
翅の裏に黒いラインの入る秋型です。
キチョウと迷いやすいですが、こちらの方が黄色が濃くいために
慣れたら飛んでいても区別が付きます。
c0135381_21313377.jpg

c0135381_21325968.jpg

c0135381_21331480.jpg


・スジボソヤマキチョウ
前にもブログに掲載しましたがその後に一度だけ出会いました。
いつもは新見市の方で撮影しますが、今回のは旧美星町での撮影です。
高梁市の市街地の近くでも見かけたことがあるので、
地元でももしかしたらいるかもしれません。
出来るだけ地元で撮影したいので、折を見て探しに出かけてみます。
越冬蝶のためスレを通り越して完全なボロ個体ですが、これでもちゃんと飛んでいました!
c0135381_21373967.jpg


・モンシロチョウ
もうすでにあちこちで飛んでいる姿を確認できますが、
なかなか絵になる場所に止まってくれず、
発生個体数も多くて、仲間がきたら一緒に飛んでいってしまいます(><)
まだ納得いく写真が撮影できていませんのでもうちょっと頑張らないと!と思っています。
c0135381_2141468.jpg

c0135381_2141208.jpg

c0135381_21413177.jpg

c0135381_21414564.jpg

c0135381_21415988.jpg

c0135381_21421116.jpg


・スジグロシロチョウ
モンシロチョウとの区別が難しい蝶です。
止まっている時に観察すれば見分けが付きますが、
飛んでいる時はまだまだお手上げ状態です(^_^;
慣れたら飛んでいてもモンシロと区別が付くようになりたいです。
c0135381_21444466.jpg

c0135381_21445694.jpg


ツマグロキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウを初登場させたので、
今年になって計13種類になりました(^_^;
それよりも地元で最初に発生を確認できているモンキチョウ、
未だ撮影できていないです(><)
by squirrelFG | 2008-04-01 21:46 |
<< タテハチョウ・テングチョウ シジミチョウ >>